MENU

想いを届ける書籍づくり

伝えたい相手にうまく伝わらない。その原因はなんでしょうか。書籍や広告は、すべて「意図」をもって作られています。どんな人に、どんなことを伝えたいのか。それによって文章の構成や情報の見せ方は異なります。私たち「きのね出版」は情報誌と書籍の編集経験と、広告制作やプロモーションに携わってきた経験を活かし、「読みたくなる書籍」「読んで伝わる書籍」を作ります。情報過多の時代に、本当に必要な情報が、必要な人に届くようにサポートいたします。

編集者とはオーケストラの指揮者

編集者とはライター・カメラマン・デザイナーといった演奏者たちにコンセプトをディレクションし、ひとつの「書籍」という楽曲を仕上げる仕事。指揮者によって奏でられる楽曲のイメージが異なるように、編集者の在り方で書籍は変わります。

出版サポート

書籍の鍵はコンセプト

「本を出したい」と一口にいっても、どんなことをだれに伝えたいのか、なんのために出したいのかによって異なります。紙媒体なのか、電子書籍なのか。単行本か冊子か。月刊誌か季刊誌か。ページ数は? 横書きか縦書きか? すべては「コンセプト」ありき。発信者と読み手、双方にメリットある最適解をいっしょに探っていきましょう。

紙媒体はもちろん電子書籍の編集とデータ作成もお任せください。いまの時代、すぐに出版できてしかも予算が抑えられるという意味では「電子書籍」です。Kindle出版のための編集コンサルティングも承っております。いまある原稿から、どんな構成にするか。どんな章立てをするか。タイトルや小見出し、表紙をどうするか。いっしょに考えていきましょう。EPUBデータで納品いたします。

執筆・取材

インタビューとは 人生の一部をいただくこと

インタビューとは、その方の経験、知識、智慧など、これまで生きてこられた人生の一部をいただくということ。その方ご自身もまだ気づいておられないような「新たな自分の一面」に出会うこともあります。

話を聞く。簡単なようで実は「質問」次第で、その方から引き出せる話は大きく異なります。インタビューとは、その方自身も気づいていないような「新たな自分の一面」に、そっとやさしく触れること。その方の経験、知識、智慧などをいただくこと。そのためにはどういう場で、どんな位置で、どんな姿勢や声で話を聞くかまで配慮します。きのね出版では、編集室Rootsとしてこれまで述べ約1800人にインタビューしてきた代表を始め、スタッフ全員が「相手を尊重するアクティブリスニング」ができます。ご自身の執筆のためにさらに話を引き出してほしいというご希望にも応じます。

企画・提案

「想像力は平凡な日常を突き抜け、奇跡を見つける。」 ビル・モイヤーズ

「きのね出版」のスタッフは経験豊富。発想豊かで遊び上手。まずはご相談いただければ、「それは出版ではなく、ワークショップのほうがいいかもしれませんね」「その冊子を作るにあたって、ご紹介したい方がいます」と話がさらに広がっていく可能性も。発信したいクライアントの方、そして、その方が喜ばせたい相手(読者)と私たちの三方よしを目指すのはもちろん、さらに私たちとつながる面白い経営者(個人事業主)さまをご紹介することもあるかもしれません。出版ではないから相談してもムダかな?とあきらめずに、「だれかのために楽しいことがしたい!」「わたしの能力をお金に換えたい」といった人生を楽しくするご相談、承ります。

きのね出版について

インターネット時代、「文章がちゃんと読まれない時代」になったともいえます。「手に取りたい」「残しておきたい」「つながりたい」と思えるのは、そこに「心」がこもったぬくもりのある言葉。文章には「書き手の温度」が反映されます。書き手自身が心動かされることなく書いたとき、どれほどていねいに正しく書いたとしても響かない無機質な原稿として仕上がってしまいます。私たちは、実績と経験を活かしつつ、発信したい方の想いをそのままに伝える媒体を企画し、伝えたい相手に伝わりやすく編集して、拍動する想いそのままお届けする書籍・冊子を制作しています。

藤嶋ひじり

創設者・編集者

保育士から編集者に転身。株式会社リクルート『とらばーゆ』編集を経てフリーに。主婦と生活社、日経BP社、小学館、学研、保育社、NHK出版などの雑誌・ムック・単行本で取材・執筆・編集に携わる。インタビュー歴は著名人を含む1,800人以上。 子育て・健康の分野に強く、編集室Rootsとして自然食通販サイトの企業広報誌の編集に3年携わる。複業でカウンセリングやセラピーをするなかで、心身の健康の原点は『あそび』にあると気づき、五感を使って遊んだり表現したりする活動を広げ、自身もシンガーソングライター活動をしている。3人の子を持つ元シングルマザー。京都洛北在住。通信大学にて心理学専攻中。趣味は歌と踊り。合氣道初段。

寺嶋康浩

ディレクター

関西大学工学部卒。1級電磁波測定士。健康経営の場づくりコンサルタント。物書き。大手企業の広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動の4つの面から健康をサポートするポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。現在は思考のクセや感情のパターンを身体から解放する手法をUnfolding Bodyworkとしてまとめ、個人セッションやワークショップ、ボディワーカーの養成講座を開催している。趣味は、古武術、ダンス、即興演劇。

木村 圭

前職は公立学校の先生。中学校と小学校での教員経験に加え、最近注目を集めているオルタナティブスクール(既存の枠に捉われない学校)に関する知識に長けている。シュタイナー教育(世界最大のオルタナティブスクール)の教員養成講座を修了。得意分野はアレルギーや自然食品や化学物質過敏症に関する情報。

・木村圭(小説などの文芸)
https://note.mu/kimurakei

お問い合わせ

書籍編集や出版サポートなどきのね出版へのお問い合わせは以下のフォームから送信してください。ご連絡のタイミングにより、返答にお時間を頂戴する場合があります。ご了承ください。